メインイメージ画像

英会話の授業が日本の英語教育において重要である点について

世の中がグローバル化している今、教育現場では英会話が重要であることがかなりのレベルで認識されています。日本の英語教育がどうしても受験英語のためであるという要素が多く、社会人になってグローバル企業で活躍する時に、通用しないことがあらわになっているからです。ほかの先進国を翻って比べた際にもこれは明白です。韓国、東南アジアの学生に比べても我が国の学生の英会話は低いと認めざるを得ません。



ここ10年くらい、小学校でも英会話の学習が世間並みになってきました。しかしながら、これもまだまだ社会人になってからの実践的な英会話に直結するかというレベルには達していません。どうしても受験英語の域を出ないことが残念です。

しかし、評価されるべきところもあります。

こうした英会話の授業の中でネイティブの教師が子供たちと接する時間が増えています。決してその場で英会話が出来るようにならなくても英語についての面白さや違った文化圏の人々に触れること、もしくは英語そのものに興味を持つようになると言えるからです。現実問題として、日本にビジネスで滞在、または観光で滞在する海外の方々は増えています。しかし、子供たちがダイレクトコミュニケーションを取れるチャンスというのはそれほど多いわけではないのです。



まずは異文化のコミュニケーションを取ることの重要性、自分と違うものを受け入れることの寛容さを身に付けておけば、英語に対する興味も次第に変わってきます。実際に教育現場で出会った英語も受験のためのツールではなく、現実にコミュニケーションを取るためのツールであることが分かった状況での学習になります。こうした意識付けができるだけでもこの早期の英語学習導入は意味があると思います。そしてネイティブの教師ではなくとも今の世代の日本人教師たちが英会話に習熟し教育現場で子供たちに実際に教えられれば、英会話も日本で今よりさらに深く浸透していくのではないでしょうか。